RECRUIT採用情報

渡部翔
永﨑機工株式会社
営業 渡部翔
ーこれまでどのようなお仕事をされていましたか?
僕は南会津出身で8年ほど東京で一人暮らしをしていました。実家が美容室をやっておりまして、美容のディーラーになりたいと美容室で働いていましたが、なかなか求人がなく1年程で転職し、倉庫内の管理などの内勤をしていましたので、荷物を扱うという点では今の仕事と少し似ているかもしれません。
ーこちらへ戻るきっかけにはどんなことがありましたか?
親のことも心配になりましたので、そろそろ落ち着こうと2年前にUターンすることにしました。
渡部翔
ー永崎機工への入社のきっかけを教えて下さい。
Uターンした後は、会津若松にある職業訓練や就職支援をしているポリテクセンターへ通いました。接客業が得意でしたので営業に興味があり、ポリテクセンターの紹介で右も左も解らぬままこちらに就職させていただきました。
ー業種というよりは“接客”ということで営業職を選ばれたのですね。
はい。確か“ルート営業”で募集をしていたと思います。弊社はだいたい1年、2年は配達をやってから営業になるのですが、会津営業所の場合、人員の関係、所長があと数年で引退ということもあり、急ピッチで一人前になれるようにということで、僕の場合は特例で入社後すぐに営業をさせていただいております。
ー他の会社で働いた経験がある渡部さんから見た会社はいかがですか?
今まで体育会系みたいな所だったり、大卒がいるような職場ではありませんでしたので、こんなにまともで、ちゃんとした会社に勤めたのは初めてです。面白いところだなあと感じています。社長も、やる時はやってくだける時はくだけるという感じです。頼れる所も頼れるし、面白いし…付いて行き甲斐があります。

プレッシャーもあるけれど、
それ以上に『期待に応えたい』

ー地元雇用を基本としている御社ですが、所長は会津営業所開設にあたり、本社からこちらへ配属されたのですか?
いえ、所長も会津の者です。実は会津営業所は吸収という形で開設しました。もともと同業種の会社があったのですが、かつて弊社の会長とその会社の社長が仕事上の先輩後輩にあたり、廃業する際、ならば永崎機工に引き継いで欲しいとお声掛けがあったそうです。
ー郡山営業所と仕事内容に違いはありますか?
基本的には同じです。僕は現在、前の会社の社長が担当されていたお客様を引き継がせていただいています。
ー新規開拓というよりは、既存のお客様が多いのでしょうか?
はい。ですが、今日社長が伺っているお客様は去年新たにお取引きがはじまったお客様です。もともと弊社に良くして下さっていた方がそちらにお勤めになり、連絡を下さったことでお取引がはじまりました。
ーこちらでも人との繋がりから、ですね。責任重大です。
はい、僕は特に責任を感じます。美容師勤めが短かったとはいえ、接客のイロハはそちらで全て学びましたので、どういうことを言うとお客様が不安・不快に感じるか、ストレスに感じるのかを考えます。子どもの頃の遊び場が美容室で『絶対に人の嫌がることをするな』というのが母の教え文句でした。そういう生い立ちもあって『今この人は何を考えているんだろう』ということは常に念頭にあります。前任の社長さまからお預かりしたお客様からは『おう!頑張れよ』とかわいがってもらっておりますが、お客様の前では、キャリア0年の私と、キャリア40年の社長…違いは歴然です。それでもお客様が困っていたらお役に立ちたいと思っておりますので、なかなかすぐに追いつけるものではありませんが、一日も早く、遜色ない位になりたいです。
ープレッシャーになりませんか?
プレッシャーもありますが、期待されることは嬉しいので、応えられるようにしたいです。
ー期待に応えたいというのは昔からでしたか?
いいえ、あまり期待される人間ではありませんでしたので…
渡部翔
-キャリアの部分での差を縮めるためにしている努力や心掛けはありますか?
当たり前のことを当たり前にしているだけですが…聞かなければ解らないことは聞きますし、調べて解ることであればまず自分で調べます。身近にキャリアの長い社長、所長と、聞けば解る人はたくさんいると思うのですが、自分で調べないと肥やしになりません。また、この歳で知らないことがあるということは、楽しいです。今は知識がどんどん蓄えていく毎に知識欲が出て来て、『勉強できるって楽しいこと』だと感じています。
-子どものころから勉強は好きだったのですか?
いえ、全く…、学校から帰って来たらランドセルをぶん投げて遊びに行っていました。勉強したくないから、近くの高校に行って…と。(笑)
今は自分が期待されている分、“前のめり”になって仕事をしていますし、好きでやっていますので、忙しさも楽しさになっています。

自社の“適応力”への“悔しさ”と“憧れ”を力に

ー会社の強みはどんなところだと思いますか?
“適応力”、と“要望に応える力”です。会長、社長、本社の上司の方々もそうなのですが、豊富な知識と対応力は本当に凄いと思います。
ーそれは、社内にいても感じることですか。
『これが欲しい』『これを下さい』という注文だったら、インターネットでも、ホームセンターでも買えますし、運送会社が届けてくれます。でもそうではないものをやっていかなければなりません。例えば『それだったら、こちらの方が安くて長持ちしますよ』とお客様のコストダウンに繋がる提案をできる知識と適応力を蓄えることは、常に弊社の課題だと思います。
あるとき、社長の永崎(貴宏)がお客様のところで『こういう形のドリルを作りましょう』と提案しました。金属に穴を開けると角が尖ってしまうので、その防止策としてサイズ違いのドリルを使い2工程かけて平に仕上げるといったものがありました。永崎が提案したものは、1工程で仕上げられるドリルでしたのでお客様は工程が減り、時間もコストも短縮ができるのというものでした。
ー商品開発もしてしまうのですか!
はい。弊社は特注品を得意としています。
-それに対応して貰えるくらいの、メーカーからの信頼と実績もあるということですね。
はい、それは永崎だからできることで、強みだと思います。
-そういう場面を実際現場で見ているとやはり憧れますか?
はい…。悔しいな、と思います。
-悔しい、ですか。最近は“悔しい”と思わず『先輩だからできること』と思ってしまう若手の話も聞くことがあります。そんな若者に対してはどんな風に指導をしていきたいと考えていますか?
『こうすれば、こんな風になれるよ』というの姿を見せていきたいと思っています。『渡部さんずるいな』『渡部さんみたいになりたいな』と羨む存在でありたいなと思っています。
-渡部さんにとっては、それが社長や上司の方々がその対象なのですね。
悔しさの根本は“知識の量”ですね。あれが欲しいなと思うのですが、なかなか一朝一夕にはいきませんから。
-社長も“難題ほど嬉しい”とおっしゃっていました。一つクリアすると、それが他のお客様で活かされることがあるのだと。
はい。それは僕も経験があります。解らなくて調べてみて『これですか?』と確認をして解決したものが、次のお客様のところで『あ、この前調べた一部だな』と。応用がたくさん効くようになりますので、難しい注文ほど勉強になります。

永崎機工といえば、
“誠心誠意”

渡部翔
-ひと言で会社のことを表すとどんな言葉が浮かびますか?
“誠心誠意”です。会長からの話でもよくありますが、僕が小さい頃から叩き込まれて来た“サービス業イズム”と近いものだと思いました。
-朝礼で読み上げなどもされていますね。
僕は嫌と思わないので平気ですが、若い子は嫌かもしれませんね。でも、嫌なこととか苦手なこととかも、今経験しておけば…と“経験値”として考えると何でもやれるときにやっておくと後々、怖いものが無くなると思います。
-社長も『何でも来い!』という感じで頼もしいですよね。
はい。何事も経験しておけばこそ、です。(笑)