RECRUIT採用情報

木村翔太
永﨑機工株式会社
配達 木村翔太
ーこの会社に入社したきっかけを教えてください。
以前、ガソリンスタンドで働いておりましたが、体力的にキツいこともあり、転職しました。ハローワークからの紹介でこちらを受け、対応が良かったので入社を決めました。拾ってもらったという感じです。
ー入る前に取り扱う商品や業界のことはご存知でしたか?
業界の知識は全く無かったので不安ではありました。2年10ヶ月になりますが、なんとかやらせていただいている感じです。課長の増子や上司・先輩の仕事ぶりを見ていると、まだまだ勉強不足というのはすごく感じます。定期的に開催される勉強会などもあるので、そこでいかに知識をいかに吸い上げるかが今の僕ら(の課題)だと思っています。
ー普段のお仕事内容を教えてください。
電話や営業が受けた注文商品の納品が主な仕事です。営業が商品を納品に行く場合もありますので、その際のサポート的な業務も行っています。またたまに営業に同行し、勉強させていただいている状況です。

提案したモノが現場で使われているのを見て
『やってて良かった!』がやりがいに

木村翔太
ーどんなところが仕事のやりがいですか?
まだ入って浅いため『御用聞き』(注文を受け、ご依頼いただいた商品をお届けする)の営業が主にはなりますが、仲良くしていただいているお客様のところでは『こういったモノはいかがですか?』と提案をさせていただくこともあります。ただ、課長をはじめ、上の者のようには即対応・返答ができないので、そういった点では本当に勉強不足を感じます。けれども、上司の力を借りて提案をして採用をしていただいたものが現場で使われているのを見た時にやってて良かったな、と思いますね。

入社してからの変化

ー営業という職種を選ばれていますが、今のご時世、若い方は営業職を敬遠する傾向がありますが、もともと営業がやりたかったとか、接客が好きなどあったのですか?
いえ、人見知りする方だったので営業を積極的に探していたわけではありませんでした。こちらに入ってほぐしてもらった、という感じです。良くも悪くも「前向き」になれたかなと思います。ミスをする度にクヨクヨしたり凹むことが多かったのですが、上司がフォローをしてくれたり、お客様も許してくれたり…と、人に恵まれていると言うのでしょうか。上司にもそうですが、お客様に恵まれていると思います。

永﨑機工だから

ーお客様に恵まれている、というとどんな時にそれを感じますか?
周りの話を聞いていると『いついつまでに持って来て』と無理な依頼をされるということも多いようですが、現実的に無理なものもあります。そう言った場合にお客様に説明すると『解ったよ』と理解していただけます。それはこれまでの会社とお客様とのおつきあいがあってのことだと思いますので、お客様にも助けられていると思います。
ー御社のこれまでのお客様との信頼関係が土台にあってのことですね。
はい、ですから、ここだからやって来れているというのもあります。

強みは現場力

ー先ほど御社だから…とありましたが、木村さんから見た会社の強みはどんなところでしょうか?
会長の永﨑も言っておりますが基本、24時間以内の納品を弊社の強みです。もちろん、制作しなければならないものは難しいのですが、普段お世話させて貰っている商品に関しては、24時間以内にお届けしています。
木村翔太
ー24時間以内、大変ですよね。短時間に納品するための工夫などされていますか?
現場の状況で、お客様の緊急度合いを判断しながら本当に急ぎというものに関しては、できるだけ早く納品できるよう、現場から内勤の方に連絡をして準備をしてもらうなど連携しています。
ーほとんど外に出られていますもんね。
はい。そう考えると僕は大した事はしていないですね…笑
ーいやいや、現場の判断が最初の一歩ですから!
急ぎで必要なものを短時間で届けてもらえると喜んでいただけますね!それがお客様のかわいがり、にもなるのかと思います。
またメーカーさんと直接つながっているので何か解らないことがある時に『メーカー同行』を行い現場での課題解決ができることも、強みだと思います。(他社様がどうしているかは解らないのですが…)

次のステージを目指して

木村翔太
ーご自身の課題、目標などありますか?
「現在は知識などまだ行き届いていないところがあると思うので、お客様に聞かれた際に一度持ち帰って調べてきます…となるのですが、上の者ですと『ああ、それはこういうものですね』と即対応をしています。そろそろ3年目を迎えますし、“配達”から“営業”へ行けるように、僕もそういった即対応ができるよう、商品知識を付けたいと考えています。
ー今のままでいいや、という若い世代が多い中、木村さんはなぜ上を目指すのですか?
今のまま成長が止まってしまうと、仕事もそうですが人間として、ダメだと思っています。このままでは足りないモノがたくさんあると思います。『働くことの有意義さ』、というのでしょうか。それをこの会社に来て教えて貰いました。
ー働くことの有意義さ、ですか。ものすごく充実していらっしゃるのですね!
以前の仕事では何も考えずに働くのが正解という感じでしたが、今は自分の中でスケジュールを調整し、自主的に動くことを容認してくれておりますので、自己責任でやらせてもらえています。今日予定よりも早く終わったなという時に『今週あのお客様のところに顔を出していなかったな』と立ち寄って顔出しをさせていただきます。挨拶だけのつもりが“ついで注文”を受けることもあります。
ー任せられると、やりがいにもなりますね。
確かに大変ですが、先輩方のようにもっと商品知識を付けて早く営業になりたいと思います。

働きやすい雰囲気づくり

ー全体的にとても爽やかで明るい印象がありますが、会社の雰囲気づくりで何か気をつけていることはありますか?
僕がそこまで気を遣っているというのではなく、上の方々が気を遣ってくれているよう
に感じます。失敗しても、翌日などは気にしないような雰囲気づくりをしてくれます。本当に、僕が何かということではなく、上がみんな凄いんです。